top4

KDPセレクト

AmazonのKindleStoreでの独占契約90日

4月30日(土)までは販売プラットホームはKindleのみ

AmazonのKindleStoreでの独占契約90日になる、KDPセレクトに契約しました。2月1日(月)から4月30日(土)までは大変心苦しいが、iBooksでの無料販売ができない。

 

KDPセレクトにした理由

KDPセレクトにした理由は単純で、どのようなものなのか、果たしてAmazonはチョットばかりは優先的に広告してくれるのかと思ったからだ。iBooksの無料での販売台数が頭打ちになり、ランクが日に日に下がっていたのて、もしかしたらよくiBooksを訪れる、ユニークユーザー数が低いのではとの疑念もあった。やはり絶対的な電子書籍の購読者数は、Kindleではとの疑問もあった。各省となるデータや統計がないので勘ピューターだ。しかし絶対的な電子書籍を読むプラットームは、iOSデバイスたるiPhone/iPadのiBooksなのだが、なんだかんだで電子書籍で話題となっているのは、Kindleではないかとの理由だ。

 

KDPセレクトの利点

KDPセレクトの利点は以下だ。

① Kindle Countdown Deal :期間限定割引キャンペーン。

② 無料キャンペーン:五日間の無料キャンペーン。

③ 広告キャンペーンを実施:日本のAmazonアカウントからは不可。英語版のみ。

④ KDP セレクト グローバル基金からロイヤリティの獲得:若干売上金が上がる。

 

正直、あまりお得感を感じられない…。

特に③の[広告キャンペーンを実施]に至っては、日本のAmazonアカウントではできないのだから、勘違いしてしまうような紛らわしい掲載はやめていただきたい。実際もっとよく調べるべきだったと、後悔しているちゃしている。しかし契約してクリックしてしまったの今となってはどうしようもない、悪いのは浅はかだった自分だと今後の教訓として諦め、どうにかこうにかして販売数を増やす方法を思案してみようと思う。

 

top4

Share on Facebook
[`twib_users` not found]